上達への絶対条件

正しく立つことから全てが始まります。

ゴルフスイングの流れ 

週刊、月刊、レッスン本を見ても丁寧に説明されていないことがあります。

 

それは 『正しく立つ』

 

クラブの上げ方、トップの位置、ダウンの位置、タメが作れているか否か

手首の返し方、フィニッシュの姿勢等々を色々試している風景をよく見ます。

 

ゴルフスイングは上げて1秒、下ろして1秒、全体で2秒です。

 

スイング中の気になる一部分の動きは時間にして約0.2秒

 

約0.2秒は、ゆっくり瞬きしたときと同じ時間です。

 

一連の動きの中における瞬きと同じ約0.2秒を修正することは神業レベルです。

 

正しく立ち、正しく構えれば、約0.2秒は自然と正しい形になります。

 

体験コースをうけられた、お客様の多くからメールや電話で連絡を頂きます。

 

いつも利用している練習場で距離が伸びていました!

 

以前よりヘッドスピードが確実に上がっていました。!!

 

正しく立つは、建築で言うと地面にコンクリートや杭を入れる基礎工事です。

 

基礎=土台 どのような競技においても土台がシッカリしていなければ

自身の描くパフォーマンスを出すことは出来ません。

 

4スタンス理論で貴方に合わせた力強い土台作りをしてみませんか